古材の素晴らしさ極上日記 スタッフBlog

 HOME > kozai-toyama > 未分類

未分類

思い出のある価値ある古民家を何とか残したい  購入希望者探しも

弊社が古民家の取り組みをしていることを知り問い合わせがありました。

実家の古民家にはケヤキの枠の内や帯戸があり一度見てほしいとのことでした。

DSC03516 

築50年ぐらいとのことですが、屋根のつくりもしっかりしています。

DSC03512

外観からは本当にしっかりした作りですね。山側の建物ということもあり積雪に耐える構造です。

外壁は漆喰仕上げで割れも無く南側の一部で掛けている程度です。

裏玄関から入り手前の部屋の奥に枠の内の広間がありました。

DSC03454

 

DSC03469

DSC03470

2.5間四方の広さで貫も含めた構造材はすべてケヤキです。柱は4住が8寸あり、差鴨居は1尺5寸

でした。木目もきれいで、落ち着く空間となっています。

DSC03471

帯戸はケヤキの板材です。割れもなく美しい建具です。

広間の奥は座敷で仏間と床の間があります。

DSC03474

その横の部屋にも床の間があり大きな丸窓がありました。その床の間の板材は1枚板のケヤキです。

DSC03479

DSC03481

 

2階は2か所に分かれており、それぞれ2部屋あります。

DSC03507

水回りはそのまま使用可能な状態であり、水道水で簡易浄化槽のトイレとなっています。

DSC03455 

 

DSC03456

掃除も行き届いていますので、そんなに手を掛けずに生活が可能な状態です。

所有者の方は、できれば自分たちが住みたいところですが事情もありそれができません。

といって、このまま朽ち果てていくのも忍びないので購入希望者がれば譲りたいとのことでした。

環境としては山間の地で、夏はクーラーも必要が無いくらい風通しがよかったです。話では

山の間から剣岳が望め、その反対側では富山湾が見えるとのことでした。帰り際に注意しながら

行くとその通りでした。

DSC03534

 DSC03536

今後は簡単に平面図も起こし、古民家の専門サイト「古民家住まいる」に掲載予定です。

もしこのブログを見てご希望の方がおられればお声をおかけください。

担当 片岡まで

古民家フォト甲子園 パネル展の開催

高校・中学生を対象に古民家や伝統行事を対象とした

フォトコンテストで、第4回の応募作品をはじめ過去の富山からの

応募作品をすべて展示してあります。

第1回から比較すると進化しているのがわかります。是非この機会に

パネル展へ行ってみて下さい。

第1弾 砺波散居村ミュージアム 2月19日まで

第2段 小矢部市市役所  2月22日~3月11日まで

今年度もフォトコンテストは開催されますのでお知り合いの高校・中学生に

お知らせください。

 

フォト甲子園28,2

 

 

 

古民家フォト甲子園 表彰式

先日、古民家フォト甲子園で銅賞を受賞されたので、

高岡高校へ表彰の為にお伺いしました。

当日は教頭先生をはじめ写真部の担任である西野先生に立会いして頂き、

授賞式を行いました。

 

DSC02273

 

DSC02275

DSC02278

表彰後記念撮影をしましたが、かなり緊張状態で周りからは笑顔でと

声をかけていました。

DSC02281

新聞社の取材が3社からあり、今後の抱負を聞かれて、

海中や高山など自然を取りたいと話されていました。

来年も応募したいとのことで楽しみにしています。

このように高校生が伝統の町屋、行事などに興味を持っていただくことで

古民家を次世代へつないでいければと思います。

 

 

空き家になった実家のご相談

空き家になって5年経過した実家についてご相談があり現地にお伺いしました。

築年数はわからないそうですが、アズマタチの外観でかなり年数は経っている感じです。

内部の間取りが少し変わっていました。

 DSC00917

枠の内は天井が貼られており梁組は見えません。柱は杉で差し物は1尺2寸の松でした。

DSC00922

帯戸もありましたが、普通は広間と座敷境にあるところに違う和室境にありました。

各部屋の床は緩みも少なくしっかりしています。床下を外部から見ると乾いていて風通しもよさそうでした。

DSC00919

床の間の床框は黒柿風のいい感じです。

DSC00912

 2階は枠の内を中心に廻りを床が貼ってあり、有効に利用されていたようです。

屋根裏は全体的に煤が掛っていました。ここまで煤が掛っているのは珍しいと思われます。

ご長男のお話ですと今後この空き家をどのようにすればよいかが悩みの種とのこと。

手を掛ければ古材として利用できるのはあるのですがその場合解体しながら生け捕りとなります。

解体費用の面や解体後の固定資産税など悩ましいところがあるので今後検討したいとのこと。

古民家鑑定として正式にさせて頂ければ、「古民家住まいる」のネット掲載で購入希望者を探すことも可能

と伝えました。それらも含めてご相談にのっていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

砺波の枠の内が3年越しに黒部へ移築し蘇りました

枠の内を新築住宅に使いたいというご依頼を受けてから半年ぐらいかけて

やりとりして昨年の年末に枠の内を富山の元請けである建築屋さんへ

搬入しました。

その住宅が完成して完成見学会にご招待いただきました。

その際に是非持ち主であった方にも見て頂きたいとのご希望があり

問合せをしたところその方もぜひ見たいとのことでした。

そのご対面の写真が次のものです。(失礼ながら顔はぼかしてあります)

P1130708-2

双方とも意気投合でした。

この枠の内はおおよそ100年程度経過していますが、この家で新たに息づくことになります。

このように古民家が再生できなくてもその一部が再利用されていくことが大切であり、昔は

古材の再利用が当たり前でした。

今後もこのような形で富山の古民家や古材が生き続けていけばよいと思います。

 

 

 

 

 

 

八尾の町屋古民家 築140年の住宅にお伺いしました 

ネットで検索された弊社に古材を生かしてもらえるのであれば

一度見てほしいとの依頼がありました。

場所は八尾の旧市街地の町屋です。築140年ということで内部はかなり

傷んでおり、一部漏水も見受けられました。依頼者はこのまま解体処分するには

もったいないということで、再利用して生かしてほしいというご希望です。

P1120964

 

小屋組みはまだしっかりしておりそこからは漏水は無いようです。煤のかかった材料は

生かし方次第では面白いのですが・・・・

P1120975

和室境の欄間には1枚板に透かし彫されたものでこれは十分再利用できますね。

但し1枚は一部が割れて欠けた状態でした。

その横には年代物の時計があります。いいですね。

P1120974

P1120984

 

けやきの小口縁があります。さすがケヤキですね外部に面していてもまだしっかり

しています。その奥には大型の屏風があります。

これらの古材や古建具、古道具の買取と生かし取りによるエコ解体の見積を

提出する予定です。

 

 

 

 

 

ご相談のあった古民家を現地確認させて頂きました

息子さんからご相談があった古民家を見させて頂きました。
瓦屋根が限界にきているが葺き替えた場合それだけでかなりの費用が掛かる為、
建て替えを検討されているとのこと。

その際に「枠の内」などを再利用できないかとのことで今回の確認となりました。
100年近く経っているようですが、全く問題ないように見えます。

古民家 枠の内 古材 再利用


古民家 枠の内 古材 再利用


玄関の上り框がケヤキできれいな木目ですねと言いましたら、無くなった親父が
こだわって見つけてこられたとのこと。


古民家 枠の内 古材 再利用

後日 枠の内の床下を点検しました。再利用する上でも確認する必要がありました
が、結果は大引きだけはしっかりシロアリに食われていました。1本は途中で折れて、
脱落している状況です。
しかし、床板やタルキは問題ないようで特に肝心な柱も大丈夫でした。


古民家 枠の内 古材 再利用


古民家 枠の内 古材 再利用


古民家 枠の内 古材 再利用


この状態であれば枠の内の再利用は全く問題なくできます。
今後は枠の内を中心としたプランを検討して、ご提案できればと
思います。


親が残した古民家を簡単に解体処分したくない

親がこだわって作った古民家を単に解体処分するのには忍びないと
ご相談がありました。
現地確認しましたが、材料1つ1つにこだわって調達され建築された
様子が充分うかがえました。

枠の内の主要な材料は全てケヤキです。

古民家 枠の内 ケヤキ 板戸


古民家 枠の内 ケヤキ 板戸

この枠の内は変則的な組み方となっていました。普通は枠の内の4隅に柱があるのですが
座敷側の差し鴨居が仏間まで延びていました。


この枠の内の板戸(帯戸)はやはりケヤキで、割れも少なくきれいな木目です。


古民家 枠の内 ケヤキ 板戸


古民家 枠の内 ケヤキ 板戸

2階の和室の天井板です。1枚の幅が550程度大きなものであり、
素晴らしいの一言です。

古民家 枠の内 ケヤキ 板戸


お客様を迎える玄関周りは格子や格子戸で施され、趣があります。

古民家 枠の内 ケヤキ 板戸


このような古民家をやはり単に解体処分するにはあまりにも勿体無いと
思います。しかし事情があり、更地にしたいとのことでした。
その為、使えるものは使えるように古材を有効活用して欲しいとのご要望です。

費用的な問題もあるのですが、ご要望にこたえて活用できる古材を
生け取りできるように対処したいと考えています。

生け取りした古材を新築などに再利用できれば、更に生き続けることなり
こだわって作られた思いやその思いを無駄にしたくない思いが報われる
と信じています。


古民家の解体と枠の内の生け取り

以前にご紹介しましたケヤキ作りの枠の内がある古民家の解体が始まりました。


古民家 枠の内 古材倉庫 加藤製材


古民家 枠の内 古材倉庫 加藤製材


枠の内だけを母屋から切り離して、移築できるように大工さんの手で手解体する
予定です。その前段階で柱の養生や雨対策を事前にしています。

この枠の内は、柱や幅の広い差し鴨居、大きな梁、貫きも全てケヤキで木目も
かなりきれいな目をしています。

残念ながらまだ購入者は決まっていませんが、飲食店や住宅の新築時に
是非採用されればと願っています。


東日本震災支援第2弾 「空き古民家」の無償提供の対応

東日本の震災から1ヶ月以上経過しましたが、未だに先が見えない状況で
被災者の方には心からお見舞い申し上げます。

県古民家再生協会では「グリーン建築推進協議会」の呼びかけに賛同して、第1弾として
震災直後からの義援金支援に協力しました。
今回支援の第2弾として、被災者の方へ空き古民家の無償提供の活動に協力しています。

この活動は、空き古民家を無償提供していただける情報を集め、その住宅を正式な
古民家鑑定ではなく今回のために作られた簡易鑑定に基づいて住宅の確認を
行ないます。鑑定料は無料として鑑定結果を「民家ねっと」に掲載して、被災者の方が
検索できるようにして、提供者とのマッチングができるようになっています。

先日能町から提供があり鑑定にお伺いしました。その時に朝日新聞社から
鑑定の現地取材依頼あり、提供者の承諾を得て取材を受けました。
それがその時の新聞記事です。

朝日新聞 空き民家.pdf


現時点で全国から約140件以上の空き古民家の提供ああります。
この情報が被災者へ効率的に届いてマッチングできればと願っています。
富山県からも多くの空き古民家提供があればと思いますので、ご協力をお願いします。


さくらのパパより

古材活用事例

最新のブログ記事

カテゴリ

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

過去のブログ記事

会社情報

営業エリア

富山県>富山市(旧大沢野町・大山町・八尾町・婦中町・山田村・細入村)・高岡市(旧福岡町)・氷見市・砺波市(旧庄川町)・小矢部市・南砺市(旧城端町・平村・上平村・利賀村・井波町・井口村・福野町・福光町)・射水市(旧新湊市・小杉町・大門町・下村・大島町)
石川県>金沢市・かほく市(旧高松町・七塚町・宇ノ気町)・津幡町・羽咋市

HOME加藤製材所の古材古材活用事例古材売買会社情報リンク集サイトマップお問い合せ

Copyright (C) 2008 katouseizaisyo.All Right Reserved.
加藤製材所 古材お問い合せ窓口