古材の素晴らしさ極上日記 スタッフBlog

 HOME > kozai-toyama > 富山県古民家再生協会の活動

富山県古民家再生協会の活動

古民家購入希望者とアズマダチ古民家を下見へ

まだ若いご夫婦ですが、新居として古民家を探しておられます。

中古住宅流通促進協議会から紹介して頂いた古民家の下見に

伺いました。

dsc05146

広い敷地の中で立派なたたずまいです。サイズ的にも大きいアヅマダチです。

玄関を入ると広い土間とホール、そして吹き抜けがあります。

dsc05181

 dsc05175      

この吹き抜けは、アマと呼ばれ屋根裏の収納スペースです。

そこに昔の田植で使う「田ころがし」と呼ばれる田植定規がありました。

定規の横には苗を入れる竹かごがあります。

dsc05216

広間は、枠の内作りで、大きな梁と幅広の差鴨居、貫が目につきます。

dsc05190

dsc05189

座敷境は板戸で仕切られています。

南の縁から奥には離れがあるのですが、床が一部抜けていました。

地盤沈下と腐食によるによるものと思われます。

庭はきれいに手入れされています。

若夫婦はかなり気に入っておられましたが、余りにも敷地が広く庭も大きい為

今回は諦めるとのこと。

手頃な古民家情報があれば紹介させて頂くことになりました。

山の中腹の古民家に移住者が決まりました

昨年から公開していました古民家ですが、紆余曲折を経て

移住者が決まりました。

DSC03516

昨年は北海道から移住することでほぼ決まりかけていましたが、

家族の病気で中止となりました。

その後再度公開したところ、数件の問い合わせが全国からあり

現地確認して頂きました。

その中で、関西からの方がご夫婦で来県され、気に入って頂き

ました。その後、富山県中古住宅促進協議会の方に仲介を依頼して

来月契約の予定です。

まだ若いご夫婦で、仕事も一から見つけて富山に移住される予定です。

今後は所有者をはじめ当協会や富山県中古住宅促進協議会及び地区の方

が定住に協力していく予定です。

この地区には、同じような古民家の空き家がります。

今回のこの例を成功例として、他の古民家についても公開できるように

地区の方と話し合いを進めたいと考えています。

貴重な古民家が解体されずに次世代へ繋げればとの思いで取り組んでいますので

今後もご協力の程お願いします。

 

古民家再生協会の活動で価値ある古民家の見学会を開催

富山県古民家再生協会の会員対象に古民家の見学会を実施しました。

今回は、射水市の古民家で築年数ははっきりしませんが80年以上は経過していると思われます。

裏口から入ったのですが蔵が併設されていました。

dsc04212

奥へ行くと屋根裏まで吹き抜けの2間通しの空間がありました。

見学者から感嘆の声が一斉にあがり、その素晴らしさに目をみはるばかりでした。

dsc04225 

2間の仕切り部分が特徴的で、帯戸の上部が化粧の手摺状になっています。

その上に大きなケヤキの梁がかかり、上部の構造を受けています。

dsc04223

空き家になっての年数はわかりませんが、各部材が光輝いて見えます。

客間はいくつかありましたが、最も格がある部屋は朱色の壁で仕上げられています。

dsc04233

dsc04245

2間続きの和室ですが、境のランマには絵が描かれていました。

また、襖にも絵が描かれており一品物の襖で、その引手の細工も

素晴らしかったです。

dsc04242

dsc04243

2階の階段を上がると開閉式の扉があり、また、大きいものを上げるために

床板が外れるような仕掛けもありました。

dsc04259

1階の奥には厠がありました。

中に入ると広い空間の奥に小便器と和便が設置されており、その上部には

ランマがはめられています。こだわりがここまでかと驚かされます。

dsc04247

引戸の意匠や天井の作りももよいですね。

今回は会員さんが所有者にお願いして開催できました。これからも機会があれば

県内の古民家について勉強したいと思います。

良い情報があればお寄せ下さい。

今後も古民家を次世代へ繋げるべく活動していきます。

前回紹介の古民家に欲しいという希望者が全国から3件問合せが・・・・

嬉しい話です。

山間の古民家ですが、全国から3件問い合わせがありました。

その中で特に熱望されている方があり、自分たちの終の棲家として考えたいとのこと。

所有者のの方に希望価格を検討して頂いて、今後具体的に話を進める予定です。

DSC03516

売買が決まれば正式に調査項目に従って古民家鑑定を行います。

鑑定結果に基づいてご相談して、必要な個所の改修工事を行うこともあります。

貴重な古民家が受け継がれる方向となり、同時に空き家解消と人口増加に寄与することとなります。

是非正式に決まってほしいものです。

次回は違う古民家を掲載する予定ですので確認ください。

全国古民家再生協会の地区会員大会が石川で開催されました 江戸村にて

北信越地区の会員大会に参加してきました。

会場は古民家を移築した江戸村内の旧石倉家にて行われました。

DSC02997 DSC02998

一見お寺風ですが、武家屋敷です。

DSC03005

今回は新潟が初参加となり、北信越地区が全員参加となりました。

この石倉家に入ると土間の先には大空間があり、囲炉裏には大型の

自在鉤が吊ってありました。

DSC03000

またこの大空間は欅の1尺の大黒柱2本にて梁組を支えており、見ごたえ十分です。

DSC03002

この江戸村には大小の武家屋敷、商家、農家住宅が移築されています。

今移築・再生中の武家屋敷も見学できました。現場説明には金沢市役所から

担当の方が来ておられ、力の入れようがわかります。

大変目の保養になりました。ぜひ皆様も足をお運びください。

DSC03008

 

 

 

 

古民家の緊急サービス24がスタートします

一般社団法人全国古民家再生協会の会員である当協会を窓口として

古民家にお住まいや空き古民家を所有されている方へサービスを

提供します。

サービス内容は①水回りの応急処置 ②鍵開けサービス ③ガラス応急処置

④エアコン応急処置 ⑤給湯器応急処置です

詳しくは添付のチラシを参照ください。

このサービスが365日、24時間、10年間で30,000円の料金です。

割安な費用で安心を担保出来ると思います。

一度ご検討されたらいかがでしょうか。

古民家緊急サービス

古民家フォト甲子園パネル展  今度は銀行で

第5回古民家フォト甲子園が2/19より開催されていますが

そのPRも含めてパネル展を開催しています。今回は3か所目である

某銀行です。

011aef439c718579d3c59f4e7ae57208acfc571f64

0140ab60a551661fa2fce19451b50e8bc86b3a842b

0127b6aae43598f11b482618110da3a501cb916d57

期間は4月末ごろまで予定しています。

これで応募者が増えればと思います。期限は8/末です。

 

古民家フォト甲子園の追加案内です

高校・中学生を対象に古民家や伝統行事を対象とした

フォトコンテストですが、今年度第5回から小学生の写生画が追加と

なりました。

応募期間 2016/2/19~2016/8/31です、詳しくは

「古民家フォト甲子園」で検索ください。

パネル展は前回ご案内しましたが以下が会場の様子です。

<となみ散居村ミュージアム> 第1弾 砺波散居村ミュージアム 2月19日まで

 DSC02638

DSC02643

パネルの裏には枠の内が展示してあります。ここには3体の枠の内があり、それぞれ

特徴があります。

<小矢部市役所ホール>  第2段 小矢部市市役所  2月22日~3月11日まで

 DSC02682

DSC02683

目立つ位置に展示させて頂いたので、そこそこ見て頂いているようです。

 

古民家フォト甲子園 パネル展の開催

高校・中学生を対象に古民家や伝統行事を対象とした

フォトコンテストで、第4回の応募作品をはじめ過去の富山からの

応募作品をすべて展示してあります。

第1回から比較すると進化しているのがわかります。是非この機会に

パネル展へ行ってみて下さい。

第1弾 砺波散居村ミュージアム 2月19日まで

第2段 小矢部市市役所  2月22日~3月11日まで

今年度もフォトコンテストは開催されますのでお知り合いの高校・中学生に

お知らせください。

 

フォト甲子園28,2

 

 

 

古民家フォト甲子園 表彰式

先日、古民家フォト甲子園で銅賞を受賞されたので、

高岡高校へ表彰の為にお伺いしました。

当日は教頭先生をはじめ写真部の担任である西野先生に立会いして頂き、

授賞式を行いました。

 

DSC02273

 

DSC02275

DSC02278

表彰後記念撮影をしましたが、かなり緊張状態で周りからは笑顔でと

声をかけていました。

DSC02281

新聞社の取材が3社からあり、今後の抱負を聞かれて、

海中や高山など自然を取りたいと話されていました。

来年も応募したいとのことで楽しみにしています。

このように高校生が伝統の町屋、行事などに興味を持っていただくことで

古民家を次世代へつないでいければと思います。

 

 

古材活用事例

最新のブログ記事

カテゴリ

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

過去のブログ記事

会社情報

営業エリア

富山県>富山市(旧大沢野町・大山町・八尾町・婦中町・山田村・細入村)・高岡市(旧福岡町)・氷見市・砺波市(旧庄川町)・小矢部市・南砺市(旧城端町・平村・上平村・利賀村・井波町・井口村・福野町・福光町)・射水市(旧新湊市・小杉町・大門町・下村・大島町)
石川県>金沢市・かほく市(旧高松町・七塚町・宇ノ気町)・津幡町・羽咋市

HOME加藤製材所の古材古材活用事例古材売買会社情報リンク集サイトマップお問い合せ

Copyright (C) 2008 katouseizaisyo.All Right Reserved.
加藤製材所 古材お問い合せ窓口