古材の素晴らしさ極上日記 スタッフBlog

 HOME > kozai-toyama > 2014年 > 7月

月別アーカイブ: 2014年7月

八尾の町屋古民家 築140年の住宅にお伺いしました 

ネットで検索された弊社に古材を生かしてもらえるのであれば

一度見てほしいとの依頼がありました。

場所は八尾の旧市街地の町屋です。築140年ということで内部はかなり

傷んでおり、一部漏水も見受けられました。依頼者はこのまま解体処分するには

もったいないということで、再利用して生かしてほしいというご希望です。

P1120964

 

小屋組みはまだしっかりしておりそこからは漏水は無いようです。煤のかかった材料は

生かし方次第では面白いのですが・・・・

P1120975

和室境の欄間には1枚板に透かし彫されたものでこれは十分再利用できますね。

但し1枚は一部が割れて欠けた状態でした。

その横には年代物の時計があります。いいですね。

P1120974

P1120984

 

けやきの小口縁があります。さすがケヤキですね外部に面していてもまだしっかり

しています。その奥には大型の屏風があります。

これらの古材や古建具、古道具の買取と生かし取りによるエコ解体の見積を

提出する予定です。

 

 

 

 

 

古材の買取依頼と解体

今は空き家になっている住宅で、隣接する納屋の解体を検討

しているが、その構造材や保管している板材の買取を依頼したいとのこと。

現地に確認の為訪問しました。

P1120834 P1120833

外観はかなり老朽化しており差し掛けが傾いた状態でした。このままではご近所に

ご迷惑をお掛けするので何とかしたいとのことでした。

納屋の構造材を確認しましたが、角材に近い状態で古材の再利用の観点からは

買取まで至らないと判断しました。

今回は、内容物の処分と解体の見積もりをさせて頂く予定です。

住居は今回見させて頂けませんでしたが、外観からは古材としての再利用も

できる様子でした。

このような空き家が増えつつあり、その対応にみなさんが悩んでおられるのが現状です。

古材の再利用の観点から少しでも協力できればと思っています。

 

 

 

古民家に最適な耐震診断 早稲田式動的耐震性能診断の実地検証の予定

一般的な耐震診断は図面や目視で建物の地震に対する安全性を判断する

静的耐震診断です。今回の動的耐震診断は、微細な常時振動を測定して

その振動特性値(固有周期)により耐震性を評価する現実に即した診断法です。

今回の調査は昨年の12月に改修前の診断に続き完成前の診断をすることで

耐震改修の評価が可能となります。

今回の耐震診断はこの診断法を開発した毎熊先生が現地の来られて行います。

この機会にぜひ実地検証を体験ください。

古民家は免震構造の特徴を有していますが、その構造に最適な耐震診断が

動的耐震診断といえます。

<実地検証 >

日時  7月5日(土) 午後1時から

場所  魚津市吉島1013-1 古民家ショールーム

参加費  協会会員は無料、  非会員 1,000円

問合せは下記までお願いします

        ★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★★★
        一般社団法人
    富山県古民家再生協会
                担当:片岡 衛
        〒932-0862
        富山県小矢部市五郎丸62番地
        Tel:0766-69-7550
        Fax:0766-69-1220
          info@kozai-toyama.com
          http://www.kominka-toyama.org/
       ★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★★★

以下は過去の耐震診断の写真です。

P7190306


P7190312

古材活用事例

最新のブログ記事

カテゴリ

2014年7月
« 6月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

過去のブログ記事

会社情報

営業エリア

富山県>富山市(旧大沢野町・大山町・八尾町・婦中町・山田村・細入村)・高岡市(旧福岡町)・氷見市・砺波市(旧庄川町)・小矢部市・南砺市(旧城端町・平村・上平村・利賀村・井波町・井口村・福野町・福光町)・射水市(旧新湊市・小杉町・大門町・下村・大島町)
石川県>金沢市・かほく市(旧高松町・七塚町・宇ノ気町)・津幡町・羽咋市

HOME加藤製材所の古材古材活用事例古材売買会社情報リンク集サイトマップお問い合せ

Copyright (C) 2008 katouseizaisyo.All Right Reserved.
加藤製材所 古材お問い合せ窓口