古材の素晴らしさ極上日記 スタッフBlog

 HOME > kozai-toyama > 2012年 > 5月

月別アーカイブ: 2012年5月

散居村の中の古民家を訪ねました 築100年です

古民家 鑑定 古材 枠の内

外観からは一見アズマ建ちですが、2階部分に小さい下屋があり
変形タイプですね。
築100年ということですが、そんな古い感じはしませんね。それなりに
手を掛けておられたようです。


古民家 鑑定 古材 枠の内


玄関周りも立派な作りです。広間前の土間への入口、小口縁からの広間への入口の建具が
あじわい深いです。ケヤキの腰板がいいですね。


古民家 鑑定 古材 枠の内


古民家 鑑定 古材 枠の内


やはり目を引くのは「枠の内」ですね。大きな差し鴨居にケヤキの梁が光っています。
壁も天井もしっかりしています。


古民家 鑑定 古材 枠の内

茶の間も枠の内で作られています。広間と比較すると若干梁なども小さいですが
しっかりした作りです。


風呂場は別建ちで渡り廊下がありました。良くある作りです。


施主はできれば土地、建物も含めて処分したいとの事で、古民家に
生活したい、また飲食店に利用したい方が居られれば是非声を掛けて
欲しいそうです。

今後は古民家鑑定士として正式に鑑定して鑑定書も依頼する予定です。
その上で民家ねっとのネットサイトにも公開できればと思います。


350年前の古民家に訪問しました

今のご主人が過去帳から14代目ということで今から約350年前ということになります。
実際その当時の部分が存在しているかわかりませんが、間口12間*奥行6間の存在感のある外観です。

古民家鑑定 古材 枠の内 板戸


正面の入口は引分戸でその周囲は大判のケヤキの腰板が4面で囲まれています。かなり格式の高い作りで、そこから入るとタタキになっています。


古民家鑑定 古材 枠の内 板戸


タタキの小口縁から広間に上がるとかなり大きな「枠の内」が広がります。間口3間*奥行3.5間で主要な柱、梁はすべてケヤキです。差し鴨居はケヤキではありませんが1尺4寸の高さがあります。

古民家鑑定 古材 枠の内 板戸


古民家鑑定 古材 枠の内 板戸

梁は両側が鉄砲梁でかっこいいです。建具もいいですね、ケヤキの帯戸です。

神棚も総ケヤキ作りです。


古民家鑑定 古材 枠の内 板戸


座敷の違い棚には家紋がはいった道具が飾られていました。女中部屋もあったそうですからかなりのものですね。

持ち主は県外の為、今後の維持管理が費用面も含め難しいとのこと。できれば枠の内だけでも移築再生して頂けたらとのことです。
今後正式に古民家鑑定して鑑定書の発行とネット上の「民家ねっと」にも公開する予定です。是非購入希望者を探したいものです。


関東のお客様からの依頼で現地を確認しました

以前から依頼のありました古民家の離れを見てきました。
100年以上経過している和室4部屋の離れです。


古民家 古材 古建具 富山

この中で座敷の天井が貴重なものとのこと。


古民家 古材 古建具 富山


確かなことはわかりませんが、以前に見た屋久杉の天井板に似ている感じです。
あじわい深い木目です。
再利用の点からすると、竿縁天井の天井板は難しいです。取外すのにも
かなり手間がかかります。でも何とか活かしたいですね。


座敷境の建具は今まで見たことがない作りです。


古民家 古材 古建具 富山


襖の上部にランマのような彫刻が嵌め込みされています。
襖を閉めた感じはランマのオサと2段になっているような感じです。
この建具は価値がありそうです。

再利用可能な伝統資財として是非とも生け取りしたいものです。

古材活用事例

最新のブログ記事

カテゴリ

2012年5月
« 4月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

過去のブログ記事

会社情報

営業エリア

富山県>富山市(旧大沢野町・大山町・八尾町・婦中町・山田村・細入村)・高岡市(旧福岡町)・氷見市・砺波市(旧庄川町)・小矢部市・南砺市(旧城端町・平村・上平村・利賀村・井波町・井口村・福野町・福光町)・射水市(旧新湊市・小杉町・大門町・下村・大島町)
石川県>金沢市・かほく市(旧高松町・七塚町・宇ノ気町)・津幡町・羽咋市

HOME加藤製材所の古材古材活用事例古材売買会社情報リンク集サイトマップお問い合せ

Copyright (C) 2008 katouseizaisyo.All Right Reserved.
加藤製材所 古材お問い合せ窓口