古材の素晴らしさ極上日記 スタッフBlog

 HOME > kozai-toyama > 2012年

年別アーカイブ: 2012年

親が残した古民家を簡単に解体処分したくない

親がこだわって作った古民家を単に解体処分するのには忍びないと
ご相談がありました。
現地確認しましたが、材料1つ1つにこだわって調達され建築された
様子が充分うかがえました。

枠の内の主要な材料は全てケヤキです。

古民家 枠の内 ケヤキ 板戸


古民家 枠の内 ケヤキ 板戸

この枠の内は変則的な組み方となっていました。普通は枠の内の4隅に柱があるのですが
座敷側の差し鴨居が仏間まで延びていました。


この枠の内の板戸(帯戸)はやはりケヤキで、割れも少なくきれいな木目です。


古民家 枠の内 ケヤキ 板戸


古民家 枠の内 ケヤキ 板戸

2階の和室の天井板です。1枚の幅が550程度大きなものであり、
素晴らしいの一言です。

古民家 枠の内 ケヤキ 板戸


お客様を迎える玄関周りは格子や格子戸で施され、趣があります。

古民家 枠の内 ケヤキ 板戸


このような古民家をやはり単に解体処分するにはあまりにも勿体無いと
思います。しかし事情があり、更地にしたいとのことでした。
その為、使えるものは使えるように古材を有効活用して欲しいとのご要望です。

費用的な問題もあるのですが、ご要望にこたえて活用できる古材を
生け取りできるように対処したいと考えています。

生け取りした古材を新築などに再利用できれば、更に生き続けることなり
こだわって作られた思いやその思いを無駄にしたくない思いが報われる
と信じています。


枠の内を再利用した完成見学会のご案内

古民家の建替えにおいて、枠の内だけは再利用して
新築住宅に組み込みたいとのご希望で工事を進めてきましたが、
今月末で完成します。

この度施主のご好意により完成見学会を行なうことになりました。
今回はダイレクトメールのお客様を対象に行ないますので、予約制となっています。
ご希望の方は、事前にご連絡の上ご来場下さい。

枠の内は一家団欒のリビングとして再生されました。暖炉の設置により
広い空間は冬でも快適です。

ぜひこの機会にご覧下さい。

日時 12月1日(土)、2日(日) 10:00~17:00
場所 小矢部市末友
連絡先 株式会社アキ  0766-69-8703 69-1230

この件に関してご質問等があればいつでもご連絡下さい。
宜しくお願いします。


チラシを添付します


h241201 吉田邸見学会

 

富山県古民家再生協会会員の方の古民家鑑定

東日本大震災時に空き古民家無償提供を申し出頂いたお客様から
古民家の鑑定依頼が当協会にありました。

持ち主は愛知の方で空家になってからかなり経過しているとのこと。
できれば鑑定して頂き、購入希望者が見つかればと思っておられます。

場所的には県境のため近くの会員さんに鑑定を依頼しました。
古民家鑑定士1級の資格をお持ちであるので伝統工法、在来工法どちらでも
鑑定が可能です。

今回は築60年以上ということで軸組みを見ると伝統工法の民家です。
今回お願いしました鑑定士さんは初めての鑑定ということで、協会で
立ち会いました。


古民家鑑定 富山県古民家再生協会 古材 古民家再生


この民家は全面道路の拡張の為に奥に曳き家されていました。
玄関を入るとケヤキの式台が目に入りその奥には大きな平物の差し鴨居があります。


古民家鑑定 富山県古民家再生協会 古材 古民家再生

この差し鴨居を支えているのがケヤキの7寸の柱です。年数はたているのですが
木目はきれいです。

鑑定には1時間半程度かけて終了しました。あとは鑑定調査報告書のまとめですが
初めての場合はかなり時間が掛かると思います。

鑑定書の依頼は当協会経由で本部のほうに依頼します。
報告書が楽しみですね。

素晴らしい蔵の戸です

築年数はわからないとのことでしたが、外観がかなり痛んできており
近隣の手前もあるので解体を検討されています。

この土蔵には大きな梁が掛けられているので古材の買取が可能か
見て欲しいとの事でお伺いしました。

確かに外観はかなりの痛みようでしたが内部の雨漏りはないようです。
1階の大きな梁はケヤキでいい木目をしています。


古材 土蔵 蔵戸 古材買取


2階部分の梁は更に大きく立派なケヤキの梁です。

古材 土蔵 蔵戸 古材買取


この土蔵の圧巻は蔵の戸です。素晴らしいの一言。
細かい説明は要りません、写真を見ていただければ納得してもらえると思います。


古材 土蔵 蔵戸 古材買取


古材 土蔵 蔵戸 古材買取

古材 土蔵 蔵戸 古材買取

古材 土蔵 蔵戸 古材買取


古材の生け取り費用と解体費用、そして古材の買取で、一般解体よりは古材の再利用の面で地球にエコであり、予算面でも助かる場合があります。

ただ、土蔵は一般の木造建て屋より解体費用が割り高ですのでお客様の予算に合うかは心配ですが縁があれば古材の買取ができればと期待しています。


古民家鑑定をさせて頂きました

築80年以上の古民家を鑑定させて頂きました。ご両親の都合で
今は空家との事。手入れをされていますので状態はかなり良好です。

ただ、床下に資材保管スペースを作り資材が保管されています。今後シロアリの関係を
考えると撤去して整理されたほうがよいとご提案しました。


古民家鑑定 古材の利用 アキ 古民家再生

古民家鑑定 古材の利用 アキ 古民家再生

玄関の土間から枠の内が見えます。帯戸の建具もいいですね。


古民家鑑定 古材の利用 アキ 古民家再生


古民家鑑定 古材の利用 アキ 古民家再生


屋根裏には漆を塗った束など古材の再利用が当たり前のようにいろいろ
使用されていました。

古民家鑑定 古材の利用 アキ 古民家再生


枠の内の広間には立派な衝立がありました。いいですね・・・


古民家鑑定 古材の利用 アキ 古民家再生


ランマや建具にはまっているガラスも味わいがあり落ちつきある空間を
醸し出しています。


古民家鑑定 古材の利用 アキ 古民家再生


古民家鑑定 古材の利用 アキ 古民家再生


この古民家を今後どのように活用したらよいか検討されていますが、
地域での活用やデイサービスなどの活用など有効に利用することにより、
この古民家が今後も生き続ける事を願ってやみません。

今後もご相談があれば協力させて頂きたいと思っています。


古民家の下見に行ってきました

お客様から父親が古民家に興味があり購入したそうですが、
その後まもなく病気で他界されたそうです。
その為、1回も利用せずに今日まで来たそうで、相続されたお客様が
解体するにもかなりの費用が掛かるので古材の買取ができないかとの事でした。

その下見の伺いましたが、残念なことに外回りがかなり破損していて、
漏水も見受けられました。

古民家 古材 古民家鑑定 アキ


古民家 古材 古民家鑑定 アキ


古民家 古材 古民家鑑定 アキ


アズマ建ちの枠の内も部分的には良い状態でしたが、上部からの漏水箇所が
数箇所あり部材の状態も心配です。

建具関係は状態がよさそうでした、帯戸や中格子ガラス戸もいい雰囲気ですね。


古民家 古材 古民家鑑定 アキ


古民家 古材 古民家鑑定 アキ

最低限外回りだけでも手入れしていれば、このような状態にならず
再利用可能だったと思います。
古材としての再利用は部分的に可能ですが、解体費用との関係で
今回は難しいと思われます。

古民家フォト甲子園 パネル展開催

高校生に古民家や町並みに目を向けてもらう取組「古民家フォト甲子園」の
応募作品についてパネル展を行なっています。

7月は小矢部市役所1階ホールにて行い優秀作品へ投票して頂きました。


古民家フォト甲子園 古民家 富山県古民家再生協会 パネル展


古民家フォト甲子園 古民家 富山県古民家再生協会 パネル展

今日まで砺波市のとなみ散居村ミュージアムにてパネル展を行なっています。

古民家フォト甲子園 古民家 富山県古民家再生協会 パネル展


古民家フォト甲子園 古民家 富山県古民家再生協会 パネル展


この写真コンテストは、高校生が気軽に応募できるように携帯で写真を撮り、インターネットで
応募します。画像自体はあまりよくない場合もありますが、日常古民家に対して関心を持ってもらえるよい機会と思っています。


以下が作品の一部です。


古民家フォト甲子園 古民家 富山県古民家再生協会 パネル展

古民家フォト甲子園 古民家 富山県古民家再生協会 パネル展


作品に対する投票期間は8月20日まであり、ネット上で誰でも投票できます。
一度ネットで作品が確認され投票に参加して下さい。

築100年以上の古民家で北陸初の早稲田式動的耐震診断が実地検証予定です

前回、早稲田式動的耐震診断については簡単に説明しましたが、この耐震診断を
受けるのが築100年以上の古民家です。


早稲田式動的耐震診断 古民家鑑定士 古民家再生 枠の内

間口11間 奥行9.5間の堂々たるアズマ建ちの古民家です。
軒裏まで漆で仕上げてあり、化粧タルキの上部は神社の屋根のようなつくりになっています。
民家でこのような作りははじめて見ました。

早稲田式動的耐震診断 古民家鑑定士 古民家再生 枠の内


また、破風には大きな飾りが付いています


早稲田式動的耐震診断 古民家鑑定士 古民家再生 枠の内


やはり一番の見所は2箇所ある内枠の内の中で、3段のセイロ組みで構成されている吹き抜けの部分です。
ケヤキの大きな梁が縦横に掛かり迫力満点!


早稲田式動的耐震診断 古民家鑑定士 古民家再生 枠の内

セイロ組みの上部には、屋根からの明り取りが見えます。このおかげで奥まった部屋ですが電気が無くても結構明るいです。


早稲田式動的耐震診断 古民家鑑定士 古民家再生 枠の内

耐震診断の見学も良いですが、この古民家は一見の価値が十分あるのでこの機会に
是非参加下さい。


伝統工法の古民家で早稲田式動的耐震診断の実地検証予定

在来工法の建物は耐力壁や金物で構成される「剛構造」で、それに対して行なう耐震診断を「静的耐震診断」と呼びます。
これに対して伝統工法の建物は木組みそのものの「柔構造」で、それに対して行なう耐震診断を「動的耐震診断」と呼びます。
現状の耐震診断はほとんどが「静的耐震診断」であり、伝統工法の建物にも広く行なわれています。構造が全く違う建物にたいして画一的な診断はかなり無理があると思われます。
伝統工法の古民家が、長年の地震に耐えてきているのはこの柔構造による物です。水平方向に大きく揺れることによりゆれを吸収して元に戻る復元力があるからです。

今回この伝統工法に適した「早稲田式動的耐震診断」を北陸地区で初めて実地検証いたします。また、検証後セミナーも開催します。

古民家鑑定士、伝統資財施工士、設計事務所、木造建築施工会社関係の皆様には
この機会に是非参加下さい。

◆実地検証・セミナー詳細【要事前申込】◆

日程:平成24年7月19日(木)
(実地検証13:00~、セミナー15:30~)

実地検証場所:M邸(富山市呉羽野田)

セミナー会場:海老江コミュニティセンター(射水市海老江1082)

参加費:2000円(当日)

主催:一般社団法人富山県古民家再生協会及び会員の会
協力:一般社団法人伝統構法耐震評価機構

お問合せ先:(社)富山県古民家再生協会 0766-69-7550 担当 片岡まで

申込締切は7月14日(土)です。

合わせて、一般社団法人富山県古民家再生協会のHPもご覧ください。
FAXによるお申込み用紙も下記HPにございます。

http://www.kominka-toyama.org/240702.htm/


散居村の中の古民家を訪ねました 築100年です

古民家 鑑定 古材 枠の内

外観からは一見アズマ建ちですが、2階部分に小さい下屋があり
変形タイプですね。
築100年ということですが、そんな古い感じはしませんね。それなりに
手を掛けておられたようです。


古民家 鑑定 古材 枠の内


玄関周りも立派な作りです。広間前の土間への入口、小口縁からの広間への入口の建具が
あじわい深いです。ケヤキの腰板がいいですね。


古民家 鑑定 古材 枠の内


古民家 鑑定 古材 枠の内


やはり目を引くのは「枠の内」ですね。大きな差し鴨居にケヤキの梁が光っています。
壁も天井もしっかりしています。


古民家 鑑定 古材 枠の内

茶の間も枠の内で作られています。広間と比較すると若干梁なども小さいですが
しっかりした作りです。


風呂場は別建ちで渡り廊下がありました。良くある作りです。


施主はできれば土地、建物も含めて処分したいとの事で、古民家に
生活したい、また飲食店に利用したい方が居られれば是非声を掛けて
欲しいそうです。

今後は古民家鑑定士として正式に鑑定して鑑定書も依頼する予定です。
その上で民家ねっとのネットサイトにも公開できればと思います。


古材活用事例

最新のブログ記事

カテゴリ

2017年5月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

過去のブログ記事

会社情報

営業エリア

富山県>富山市(旧大沢野町・大山町・八尾町・婦中町・山田村・細入村)・高岡市(旧福岡町)・氷見市・砺波市(旧庄川町)・小矢部市・南砺市(旧城端町・平村・上平村・利賀村・井波町・井口村・福野町・福光町)・射水市(旧新湊市・小杉町・大門町・下村・大島町)
石川県>金沢市・かほく市(旧高松町・七塚町・宇ノ気町)・津幡町・羽咋市

HOME加藤製材所の古材古材活用事例古材売買会社情報リンク集サイトマップお問い合せ

Copyright (C) 2008 katouseizaisyo.All Right Reserved.
加藤製材所 古材お問い合せ窓口